ホームページの制作料金はどうして高いのか?安くない理由

オリジナルデザインで過剰に手を加えたホームページを作るからです。
これにより、物理的な人件費(制作日数)が膨らみ、到底5万とか8万といった格安ホームページは期待できません。
発注するお客様の方で、どこに予算を集中させるのか制作業者に伝える必要がありますね。
ただ最近は、ホームページのデザインに高額な予算をかけるお客様は殆どおられません。
Google検索で上位に表示されているサイトを見ればそれを証明しています。
「デザイン、カッコイイね!」というホームページは少なく、どちらかと言うと記事が豊富なサイトが上位。
検索する人の頭の中の要求は、ホームページが「カッコ良くてはならない」という意識は特定の場合を除いてゼロに等しく、ある程度でならOK。
Googleもそれをわかっているから、サイトの内容が充実してるものから上位に表示させています。
すなわち、ホームページの更新に費用をかけ、良質の記事やページを定期的に追加していくことがとても大切なんです。
中身(文章・記事、実績画像など)が重要だということですね。

素人っぽさのあるホームページのデザインはどう?

とは言え・・・ホームページのデザインを軽視しているわけではなく、
誰が見ても安っぽく見えてはいけませんし、安心感やその業種にあった色使いが大切で、
さらには、プロにホームページ作成を依頼しているという(お金をかけて商売している)事を暗に意識させることも重要でしょう。
ですので、とてつもなく「超」格安を謳うホームページ制作業者のような安さだけを追求するものも考え物です。
安い=短時間、と言うと語弊があるかもしれませんが、やはりデザインをかけるということは、時間(コスト)がかかるものだと思います。

猫ちゃん「にゃんと!」

イーマイWEBは、ただ安いだけのホームページ制作業者でありません。

『ホームページの立ち上げもしくはリニューアルに、
数十万、数百万円なんていう需要は、もうそれほど多くはない。』
でもそんな安直な思いつきのみで、格安ホームページ制作代行をスタートさせたのではないんですよ。
シンプルなデザインがカッコイイとか、英文のキャッチコピーがおしゃれ!とか、
そんな閲覧者(情報を欲している人)を無視したサイトよりも検索結果の上位にランクすることが最大の目標です。
そこに比重を置くと言うことは、つまり今後のコンテンツ作りに予算をかけ、
当然に初期制作費を削り(デザインにこだわりすぎる時間)、
その浮いた費用をホームページの運営費や更新・修正費用(コンテンツ作り)に回すことがいかに大事か。
この大切さを、広く知ってもらおうと思ったからです。
ホームページの定期更新・修正依頼・ページ(記事)の追加・SEO・検索エンジンに広告掲載・・・
これらがいかに大事かをお伝えできればと思います。